春の祭典

春の祭典

Add: ucole20 - Date: 2020-12-08 11:52:23 - Views: 8992 - Clicks: 9420

トロンボーン3 2. 『春の祭典』の作曲が開始されたのは、ストラヴィンスキーがペテルブルクで『火の鳥』作曲の終盤に差し掛かった頃でした。(1910年) ストラヴィンスキーは「長老たちが"若い娘が死ぬまで踊る様子"を見守っている幻影」を見たそうです。 彼はここから新たなバレエ音楽の作曲を思いつき、友人のニコライ・レーリヒに協力を求めました。 『春の祭典』の作曲は『ペトルーシュカ』の作曲のために一時中断されますが、『ペトルーシュカ』初演後に再び作曲は続けられます。. クラリネット3(A管とB♭管を持ち替える。3番はバスクラリネット2番に持ち替え) 1. 」と相談しに来たことがあったと述べている。この曲を完全に暗譜で楽々と指揮したのはロリン・マゼールで、バイエルン放送交響楽団とのビデオが残されている。 石原プロモーション制作のテレビドラマシリーズ『大都会』の第3作にあたるPARTIIIの第42話「シージャック強盗団」(1979年7月24日放映)では、第1部「大地の礼賛の春のきざし(乙女達の踊り)」がBGMとして使用されている。このエピソードは、ムソルグスキーの『展覧会の絵』第1曲「小人」も同時に使用された。 近年では、演奏時間も三十数分と適当なことから、指揮者の実力を試すためにコンクールの課題曲に選ばれることもあるが、管弦楽が大き過ぎるのでそれほど多くはない。.

マイクラではスプリングキャンペーンを実施しマーケットプレイスのセールを開始。みてみると無料の「春の祭典 Spring-a-majig Bundle」なるマップなどもありました。 春の祭典~無料マップ 春の祭典 春の祭典スポーン 春の祭典~無料マップ マーケットプレイスへアクセスすると「春の祭典 Spring-a. 久しぶりに「春の祭典」の様々な音源を聴き直し、ロトの演奏の素晴らしさに驚嘆(以前はなぜかそれほどインパクトを受けなかったのだが)。 90年代以降に録音された「春の祭典」としては、私の知る限り、ぶっち切りで最高の演奏。. 『火の鳥』や『ペトルーシュカ』のように大規模ではないが、この作品でも何度もヴァージョン・アップを図り改訂が行われ、次のものが存在する。 1913年版 1. 「春の祭典」は、太古の儀式の様子を描いた作品で、初演時にはあまりに衝撃的な内容でスキャンダルをも引き起こした問題作。 (c)rs. 振付師(ヴァーツラフ・ニジンスキー)が音楽に精通していなかったり、主役のダンサーが妊娠するなどのトラブルの中、『春の祭典』はようやく初演を迎えます。 初演の客席には、サン=サーンスやドビュッシー、ラヴェルの姿もありました。 しかし初演で待っていたものは、さらに大きな騒動でした。 変拍子や独特なリズム、不協和音が流れる音楽に、客席は笑いとヤジで溢れかえります。 音楽は既に聞こえなくなるほどの騒ぎだったそうです。 最終的には「賛成派vs反対派」で喧嘩が始まり、ケガ人まで出ました。.

1929年版の誤りを修正。1943年版での変更は戻されている。1948年にブージー・アンド・ホークス社より出版。 1965年版 1. コーラングレ1 1. 2部構成で、演奏時間は約34分(各16、18分)。 春を迎えたある2つの村同士の対立とその終息、大地の礼賛と太陽神イアリロの怒り、そしてイアリロへの生贄として一人の乙女が選ばれて生贄の踊りを踊った末に息絶え、長老たちによって捧げられる、という筋である。場所などの具体的な設定は無く、名前があるのは太陽神イアリロのみである。キリスト教化される以前のロシアの原始宗教の世界が根底にあるといわれる。 この筋は友人の画家ニコライ・リョーリフ(レーリッヒ)が1910年4月28日付(ユリウス暦)の『ペテルブルク新聞』に発表したバレエの草案が元になっており、彼は台本と共に美術を担当した。この曲はリョーリフに献呈されている。ちなみに、ストラヴィンスキーの自伝には、彼自身が原案を思いついたと書かれているが、このことからわかる通り事実ではない。 各部の表題は1967年版スコアでは英語とフランス語のみ記載されているが、古い版にはロシア語でも記載がある。それぞれ意味は同じではないので注意が必要である。下記の表題は英語版に従っている。. ストラヴィンスキー:春の祭典 テオドール・クルレンツィス 移籍後はモーツァルトのオペラ録音に専念していたかに思われたクルレンツィスと手兵ムジカエテルナが突然そのさなかに発表したのがこの現代音楽への端緒を拓いたストラヴィンスキーの問題作『春の祭典』でした。. See full list on vivaclassicalmusic. 「春の祭典」は、現代音楽の始まりではなく、感性で聞ける最後の音楽 だと言えるかもしれません。. ホルン8(7番・8番はワグナーチューバ持ち替え) 2.

このページでは『春の祭典』を解説し、 おすすめの名盤をレビュー していきます。. 小クラリネット1(D管とE♭管を持ち替える) 1. 1913年、ディアギレフと付き合いのあった興行師ガブリエル・アストゥリュクのシャンゼリゼ劇場が完成し、『遊戯』、『春の祭典』初演を含むバレエ・リュスの公演は、その杮落としの目玉とされた。この時、ディアギレフはアストゥリュクの足元を見てオペラ座の2倍、2万5000フランもの出演料を要求した。 『遊戯』初演の2週間後、1913年5月29日にパリのシャンゼリゼ劇場でピエール・モントゥーの指揮により『春の祭典』の初演が行われた。客席にはサン=サーンス、ドビュッシー、ラヴェルなどの錚々たる顔ぶれが揃っていた。初演に先立って行われた公開のゲネプロは平穏無事に終わったが、本番は大混乱となった。 曲が始まると、嘲笑の声が上がり始めた。野次がひどくなるにつれ、賛成派と反対派の観客達がお互いを罵り合い、殴り合い、野次や足踏みなどで音楽がほとんど聞こえなくなり、ついにはニジンスキー自らが舞台袖から拍子を数えてダンサーたちに合図しなければならないほどであった。ディアギレフは照明の点滅を指示し、劇場オーナーのアストゥリュクが観客に対して「とにかく最後まで聴いて下さい」と叫んだほどだった。サン=サーンスは冒頭のファゴットのフレーズを聴いた段階で「楽器の使い方を知らない者の曲は聞きたくない」要出典といって席を立ったと伝えられる。ストラヴィンスキーは自伝の中で「不愉快極まる示威は次第に高くなり、やがて恐るべき喧騒に発展した」と回顧している。『春の祭典』初演の混乱は、1830年の『エルナーニ』(ヴィクトル・ユーゴー)や1896年の『ユビュ王』(アルフレッド・ジャリ)の初演時に匹敵する大スキャンダルとなり、当時の新聞には《Le "massacre" du Printemps》(春の"災"典)という見出しまでが躍った。 広く知られるこの初演時のエピソードだが、西洋クラシック音楽において、初演時に騒動が起きたのは特にこの作品に限ったことではない。他に近代ではシェーンベルクの弦楽四重奏曲2番以降やウェーベルンの無調作品、作曲者も音楽では無いと告白したラヴェルのボレロ、バルトークの『マンダリン』、ジョン・ケージの音楽でも、初演時に大騒動になった記録が残っている。こう言う騒動の発端は元々ワーグナーの『さまよえるオランダ人』・パリの『タンホイザー』や、R. コントラファゴット1 2. 全6曲で構成されています 第1曲:序奏 第2曲:乙女の神秘的な踊り 第3曲:選ばれし生贄への賛美 第4曲:祖先の召還 第5曲:祖先の儀式 第6曲:生贄の踊り(選ばれし生贄の乙女). 長老の大地へのくちづけ 8.

ベジャール. 自筆譜。初演に用いられた。 1913年版(4手ピアノ版) 1. 1913年5月、初演に先立ちロシア音楽出版社より出版。1952年にブージー・アンド・ホークス社よりリプリントが出版された。 1921年版 1. フルート3(3番はピッコロ2番に持ち替え) 1. 『生贄の踊り』をさらに大きく改訂。『生贄の踊り』の部分のみを1945年にAMP社より出版。 1947年版 1. イーゴリ・ストラヴィンスキー作曲バレエ音楽「春の祭典」。 初演は1913年5月29日で、近代音楽〜現代音楽にカテゴライズされます。. 春のきざし 3. ウォルト・ディズニー制作のアニメ映画『ファンタジア』(1940年11月13日アメリカ公開)中の1エピソードにも使われ、地球の誕生から生命の発生、恐竜とその絶滅までのドラマがこの曲に合わせて繰り広げられる。『ファンタジア』の音楽で作曲家が生存していたのはストラヴィンスキーのみであり、彼は後に映画本編を見た際、内容が自分のイメージと大きく異なっていたことに衝撃を受けたと言われている。 ボイジャーのゴールデンレコードにはストラヴィンスキー本人の指揮、コロンビア交響楽団による「生贄の踊り」が含まれる。 演奏困難な曲に数えられ、数々の逸話が残っている。日本初演(1950年9月21,22日の日本交響楽団(現在のNHK交響楽団)第319回定期演奏会、指揮は山田一雄(当時は和男))の際にも指揮者が曲の進行を見失い、もう少しで終わらなくなりそうだったと言う。岩城宏之もこの曲の暗譜指揮に挑戦して失敗し、オーストラリアのTVの生中継で中断したことがあり、その顚末について著書『楽譜の風景』に記述している。別の著書では、カラヤンが現代曲を得意にしていた岩城に対して、「どのように『春の祭典』の変拍子を振ればいいのだろうか?

ラトル&ベルリン・フィル 打楽器出身のラトルは、22歳のときに自らも打楽器奏者として所属した「イングリッッシュ・ナショナル・ユース管」で『春の祭典』を指揮し録音しました。 その後、バーミンガム市響(1987年)やベルリン・フィル(,)でも『春の祭典』の録音(映像)を残しています。 このCDは、そんな『春の祭典』に精通するラトルが年にベルリン・フィルと録音した『春の祭典』です。 衝撃的な音楽の中で、ラトルとベルリン・フィルが奏でる「美しい音楽」が共存しています。. More 春の祭典 videos. 1912年春頃、ディアギレフはそれまでのバレエ・リュスの振付を担当していたミハイル・フォーキンにかわり、天才ダンサー、ヴァーツラフ・ニジンスキーをメインの振付師にする決意を固めた。すでにニジンスキーは『牧神の午後』の振付を担当していたが、作品が公開されていない段階であり、その能力は未知数であった。 ニジンスキーのダンサーとしての才能は賞賛しながらも、振付師としての能力には不安を抱いていたストラヴィンスキーは、実はニジンスキーが音楽に関して全く知識を持ち合わせていないことに愕然とし、リズム、小節、音符の長さといった、ごく初歩的な音楽の基礎を教えることから始め、毎回音楽と振付を同調させるのに苦労した。. ティンパニ7個(ハイBが出るピッコロ・ティンパニ1と普通のティンパニ6):奏者2人が必要 3. 大地の踊り 1. ディアギレフのバレエ・リュスによって初演。不協和音を大胆に採用した音楽と複雑で不調和な動きによる振付が会場に大. See full list on wpedia. 乙女の神秘的な集い 3.

See full list on tsvocalschool. 第1ヴァイオリン 4. いけにえの賛美 4. See full list on dic. フランス語とロシア語の題名はかなり異なっている。フランス語の題名は1912年3月にレオン・バクストによってつけられたもので、「春の戴冠式」を意味する(後にストラヴィンスキーは「The Coronation of Spring」の方が本来の意味に近いと言っている)。ストラヴィンスキーは生涯にわたってフランス語の題名を使い続けた。ロシア語の題名は文字通りには「聖なる春」を意味し、少し遅れて1912年9月のストラヴィンスキーのインタビューの中に現れる。英語の題はフランス語を翻訳したものであり、日本語の題名は英語にもとづく。 作曲中の『春の祭典』について伝える初期の記事では『大いなる犠牲』(Великая жертва)と呼ばれていた。.

品目: ハクサイ: 品種名: 春の祭典: 種類: 松島交配: 数量(約粒数) 1ml: 税抜価格: 600円: 生産地: 宮城県: 種子消毒: チウラム処理済 種子粉衣1回. いけにえの踊り ハリウッドの名作であるパニック映画「ジョーズ」のメインテーマは、春のきざしの序盤の旋律とリズムをモデルにしたと言われている。. 『春の祭典』は、 バレエ・リュス で上演するためにストラヴィンスキーが作曲したバレエ音楽です。.

音楽の授業でやってきたクラシックと全然. トランペット(C管)4(4番はバストランペット持ち替え) 2. 春の祭典 むろん、『春の祭典』の特異性を分析していた音楽学者は沢山いたであろうし(他ならぬ若き日のブーレーズ自身が論文<ストラヴィンスキーは生きている>で『春の祭典』の本質を簡潔に暴いてみせた)、同時代的なムーヴメントの中で包括的に考察して. . 「春の祭典」はロシアの作曲家、イーゴリ・ストラヴィンスキーが1913年に完成させたバレエ音楽です。 プロデューサーとして高名であったセルゲイ・ディアギレフが率いるバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)のために書かれた作品で、ストラヴィンスキーは他にも「火の鳥」「ペトルーシュカ」と言う大作をこのバレエ団のために書いています。 作品はストラヴィンスキーが見た「輪になって座る長老たちが太陽の神への生贄として1人の処女が死ぬまで踊るのを見守る異教の儀式」と言うイメージに着想を得たという風になっていますが、バレエの草案は舞台美術も担当したニコライ・レーリッヒによるもので、シナリオも含め作品の完成には彼の貢献も大きかったことは間違いないようです。 (ストラヴィンスキー自身は否定的な見解のようです。) 1913年にパリのシャンゼリゼ劇場で行われた初演は、従来のバレエとは大きく異なるあまりにも斬新で革新的な音楽と振り付けの舞台芸術に怒号が飛び交い賛否両論の聴衆で大混乱に陥ったのは有名なお話です。. タンブリン 3.

『春の祭典』(はるのさいてん、ロシア語: Весна священная、フランス語: Le Sacre du printemps、英語: The Rite of Spring )は、ロシアの作曲家イーゴリ・ストラヴィンスキーが、セルゲイ・ディアギレフが率いるバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)のために作曲したバレエ音楽。1913年に完成し、同年5月29日に初演された。20世紀の近代音楽の傑作に挙げられる作品で. 上述の初演の様子を映画化したもの以外にも、春の祭典と言えば、ディズニー映画「ファンタジア」でも有名である。地球の誕生から恐竜の絶滅までを描いたこの作品は、元のストーリーと全く異なるものであり、アメリカに移住していたストラヴィンスキー本人はコレジャナイと批判したと言う(続編「ファンタジア」も含めて作曲者が存命中に、曲が使用したのはこの春の祭典だけである)。いけにえの賛美が流れるティラノサウルスとステゴサウルスの戦いに固唾を呑み、祖先の儀式で灼熱地獄の中、恐竜たちがバタバタと倒れる姿を見てどうあがいても絶望と思った人は数知れないだろう。故に、曲調から禿山の一夜よりこちらの方が怖かったという人も少なくないはずである(禿山の一夜は映像こそおどろおどろしいが、曲自体はずっと聴きやすい)。また映像もかなりリアルに描かれており、休憩を挟んで曲も絵柄も古典的なベートーヴェンの交響曲「田園」とのギャップが凄まじい。 日本では、NHK教育で放送されていた「音楽ファンタジーゆめ」でもこの曲が登場した。しかし曲が曲だけに、当然のように子供たちにトラウマを植え付けた。後半のアニメーションも、電子のような物体が、次々に様々なものに電撃を浴びせて電化製品に変えてしまうというものである。映像が田中秀幸ではなかったのがせめてもの救いか。. 弦五部(普通は16型を当てるが、バレエのピットの上演は12型が精一杯である) 4.

ストラヴィンスキー:春の祭典(1972年録音)&組曲「火の鳥」(1919年版)(期間生産限定盤) レナード・バーンスタイン 5つ星のうち4. . 『春の祭典』の、聴衆を魅了する強烈なエネルギー 音楽の世界はこのあと間もなく二つに割れてしまう。一方は、シェーンベルクに代表されるオーストリア=ドイツ系統で、ポスト・ワーグナーの人々が抱いた調性への幻想が二つの大戦の窮乏による無味乾燥な表現に変容したもの、および.

アンティークシンバル2 : 変イ(A♭)と変ロ(B♭) 4. 「春の祭典」がオケの様々な楽器の饗宴であることはよく知られているが、この録音ではティンパニストが必聴だ。 このティンパニストは指揮者と一対一で対峙し、さしで勝負しているように思える。. 「春の祭典」でも、太陽神の怒りを鎮めるために「祭典」が行われます。大地礼賛から始まり、生贄を供えるという暗いもので、参加するのはお断りしたいお祭りですね。 まず集団で踊らせて、脱落した娘が生贄に選ばれて、息絶えるまで踊る。. 第2ヴァイオリン 4. ストラヴィンスキー三大バレエのひとつ。ストラヴィンスキーの集大成とも言える、20世紀の近代音楽を語る上では欠かせない名曲でもある。1913年に作曲されたこの曲は、その曲名とは裏腹に、不協和音が飛び交い、聞く人を震撼させる強烈なインパクトを与える(ある意味タイトル詐欺である)。振付はロシアの天才ダンサー、ヴァーツラフ・ニジンスキーが担当した。火の鳥、ペトルーシュカと異なり、ストラヴィンスキーは組曲に編曲していないため、バレエが無い一般的な演奏会でも、オリジナルの構成のまま演奏されている。 春の祭典は初演時に大騒動が起こったことでも有名である。サン=サーンス、ドビュッシー、ラヴェルといった大作曲家も観客に加わったこの演奏会は、序奏の時点から不協和音の連続に早くもブーイングが起こった(サン=サーンスは演奏開始からわずか3分くらいで、帰ってしまったと言う)。その後も、凶暴なメロディーやリズムに加え、そしてニジンスキーの考案した奇抜な踊りやダンサーの衣装など、何もかもが予想の斜め上をいく展開に観客の多くがついていけず、批判派と肯定派が喧嘩になって怪我人が出る始末だった。当然ながらこのヤジや罵声が飛び交う中、演奏側やダンサーも並大抵ならぬ災難に巻き込まれた形となったが、それでもなんとか最後まで演奏を続けることが出来た(但し、この前に行われた公開リハーサルは何事も無く上演されたため、アンチが意図的に妨害して炎上させたという説もある)。 まさに春の災典と言うべきこの初演だが、逆に言えば観客がショックを受けるほどに、それまでのバレエはおろか、音楽の概念をぶち壊した革新的なものでもあった。まさに音楽の歴史を塗り替えた1ページでもあったのである。年には、BBCがこの初演時の様子を描いたドラマ「Riot at the Rite」を制作している。 一方、ストラヴィンスキーにとっては一つの頂点に達したとも言え、これ以降の作品は新古典主義へと変化していく。. バレエ作品に興味のある方のために、バレエ版の動画も掲載してみます。 演出によって大きな違いがあるのでいろんな演出をみてみると良いかもしれませんね? ヘンリク・シェーファー指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 ライプツィヒバレエ団 ソリスト:木村規予香 お役に立ちましたらクリックをお願いします。 にほんブログ村 音楽(クラシック)ランキング. 「春の祭典」や「惑星」などの大管弦楽曲、そしてヤナーチェクの「グラゴル・ミサ」とベートーヴェンを格別に愛し、オーケストラを愛します。 ここ数年はストラヴィンスキーの「春の祭典」に集中的に取り組み、ディスコグラフィと試聴記を完成しまし. 5管編成で、ワグナーチューバやバストランペットなどの金管楽器で増強した超大編成の管弦楽ではあるものの、ストラヴィンスキーの三大バレエの中では唯一、ハープ、チェレスタ、ピアノといった楽器が含まれていない点は特筆に値する。打楽器に関しても、他の二作では活用されていたグロッケンシュピールやシロフォンといった鍵盤打楽器が含まれていない。 1967年版の楽器編成 1.

バレエは二部構成となっており、以下の通りとなっている。簡単なあらすじは、キリスト教が伝わる以前の太古のロシアを舞台にした、村の乙女を太陽神のいけにえに捧げる異教徒の祭りの顛末が描かれている。 1. レーリヒ。音楽ストラビンスキー。振付 V. ピッコロトランペット(D管)1 2. 春の祭典は、56年のパリ音楽院管弦楽団との演奏が収録されている。 モントゥーさんは、1913年の「春の祭典」の初演時の指揮者である。 1913年って、和暦でいうと大正2年である。. 1921年版の誤りを修正したほか、『祖先の召還』と『生贄の踊り』を大きく変更。ロシア音楽出版社より出版。 1943年版 1.

躍動感あふれるリズムと色彩豊かな響きが印象的な《春の祭典》を初dsd化。 強烈なリズムと原始的なサウンドによって異教徒の祭祀を描いた革新的な作品を、あくまでも洗練された感覚で表現したボストン交響楽団との《春の祭典》。. 1910年、ストラヴィンスキーは、ペテルブルクで『火の鳥』の仕上げを行っていた際に見た幻影(“輪になって座った長老たちが死ぬまで踊る若い娘を見守る異教の儀式”)から新しいバレエを着想し、美術家ニコライ・レーリヒに協力を求めた。 『火の鳥』の成功後、バレエ・リュスのための新しい音楽を注文されたストラヴィンスキーがこのアイデアを披露したところ、ディアギレフやレオン・バクストもこのテーマに興味を示し、ディアギレフの手帳には、1911年度の上演予定作品として『牧神の午後』と『生贄(『春の祭典』)』が併記された。 ところが、同年9月末にローザンヌのストラヴィンスキーを訪問したディアギレフは、そこで聞いた作曲途中の『ペトルーシュカ』を気に入り、これを発展させてバレエにすることにしたため、『春の祭典』は一時棚上げとなった。 1911年6月に『ペトルーシュカ』が上演された後、『春の祭典』の創作が本格的に開始された。ロシアに帰国していたストラヴィンスキーはレーリヒを訪ねて具体的な筋書きを決定し、レーリヒはロシア美術のパトロンであったテーニシェヴァ公爵夫人のコレクションから古い衣裳を借り受けてデザインの参考にした。同じ頃に「春のきざし」から始められた作曲は、同年冬、スイスのクレーランスで集中的に作曲が進められた結果、1912年1月にはオーケストレーションを除き曲が完成した。ストラヴィンスキーはこの年の春に演目として上演されることを希望したが、ディアギレフはこれを翌年に延期するとともに、大規模な管弦楽のための作品にするよう要望した。その後、モントルーでオーケストレーションが進められ、1913年に完成した。. · 『春の祭典』は、ロシアの作曲家イーゴリ・ストラヴィンスキーが1913年に作曲したバレエ音楽です。 不協和音の連続、複雑なメロディー、原始的なリズムに満ちた、古典的なクラシック音楽とは異なる音楽ですが、近代音楽の代表作と評される名作です。. 敵の都の人々の戯れ 6. バレエ音楽《春の祭典》② 年 組 番 氏名 (1)ストラヴィンスキー作曲の《春の祭典》は、天気を司る神に「季節を春にしてほしい」と祈り、生 贄を捧げるという内容のバレエ音楽です。その最初の部分は第1部『大地礼賛』の1曲目『序奏』と2. ニジンスキー。 1913年 S. バスクラリネット1 1.

tower records onlineは、cd、dvd、ブルーレイ、本、雑誌、各種グッズ、チケットなどが購入できる通販サイトです。ポイントは店舗・ネット共通!cd. ザ・ワールドスペシャル) 放送日:1983年 3月28日 月曜日 放送時間:19:00 - 20:54; 秋の祭典(秋の祭典なるほど! アルトフルート1 1. 1913年には、前述の初演を含めパリで4回、ロンドンで4回上演されたが、大混乱となったのは最初の1回のみで、2回目の公演以降は大きな騒乱が起こることはなかった。翌1914年4月にシャンゼリゼ劇場で行われた演奏会形式での再演(指揮:モントゥー)の大成功により、『春の祭典』は楽曲としての評価を確立した。その後、ロンドンやニューヨークでも高い評価を得てオーケストラのレパートリーとして定着した。 一方、初演の4ヶ月後に南米で電撃結婚をしたニジンスキーがディアギレフから解雇されたため、『春の祭典』は8回(ゲネプロを含めれば9回)上演されただけでバレエ・リュスのレパートリーから外された。その後、バレエ・リュスでは1920年に『春の祭典』の再演が行われることになったが、誰一人としてニジンスキーの複雑な振付を覚えている者がいなかったため、新たにレオニード・マシーンが振付を担当した。マシーンは古いイコンや木版画を研究し、ストラヴィンスキーによるアドヴァイスを受け、単純な農民の輪舞をもとにして振付けた。エルネスト・アンセルメの指揮によるバレエ再演は、生贄の乙女を当時24歳のリディヤ・ソコローヴァ(英語版)が演じ、大喝采を浴びた。この頃のディアギレフは財政難に苦しんでおり、オーケストラに莫大な人件費がかかる『春の祭典』の再演が可能だったのは、この年の夏に知り合ったばかりのココ・シャネルから30万フランもの援助を受けたおかげであった。 この「マシーン版」は1930年にフィラデルフィアでマーサ・グレアム主演によって上演されたほか、ミラノ・スカラ座(1948年)、スウェーデン・ロイヤル・バレエ(1956年)などで再演が繰り返された。 ニジンスキー、マシーンの後、『春の祭典』は多くの振付師によって取り上げられ、ボリス・ロマノフ(Boris Romanov)版(1932年)、レスター・ホートン(lester horton)版(1937年)、マリー・ヴィグマン版(1957年)、モーリス・ベジャール版(1959年)、ケネス・マクミラン版(1962年)、ピナ・バウシュ版(1975年)、マーサ・グレアム版(1984年)など、多くの版が作られて現在に至っている。中でもベジャールによるものは傑作として知られている。 一方、完全に忘れられたニジンスキーによる初演の振付は、1979年から8年かけて舞踏史学者.

春の祭典

email: ifilyxy@gmail.com - phone:(772) 818-7126 x 6038

MARCH OF THE WHITE LIES - Outflow

-> EVERY CORNER
-> パラリラパ Special

春の祭典 - Make


Sitemap 1

Culture Club Collection: 12’’ Mixes - オーケストラマンハッ デジタルX